Shinkansen

新幹線回数券の現金化はリスクが多い?その理由とは

クレジットカードでの購入ができて、高換金率で人気の一つと言える新幹線回数券について安全に現金化できるのか?カード会社にバレるリスクは?不安の方も多いと思います。安心して購入から転売までの流れと換金率について解説していきます。

クレジットカードで新幹線の回数券を購入する際の注意点とは?

クレジットカードで新幹線の回数券を購入できるところは以下の2箇所です。

  • JR自動券売機
  • JR窓口

※Yahooオークションや金券ショップでも購入できますが、クレジットカードでの決済は受け付けておらず、基本的に現金でしかお支払いできません。

自動券売機とJR窓口で購入するときに気をつけること

  • クレジットカード一枚に対して何冊も購入しない
  • 新規発行のクレジットカードで購入しない
  • 自分と関連のない地域の回数券は避ける

これらの方法を踏まえて購入すればクレジットカード会社に怪しまれるリスクが少なくなります。

例えば、東京→名古屋間の回数券を1冊~2冊購入するのは一般的な買い方ですが、

何十冊と購入したら不自然ですし、ましてや自宅や職場から離れた区間の場合余計に怪しまれてしまいます。また、新規発行のクレジットカードの場合はクレジットヒストリーを築いていないと電話がかかってくるリスクがあります。

利用停止になるのは、あくまでカード会社のセキュリティ措置の一環で不正利用を防ぐためのものなのであらかじめカード会社に購入する日時等を電話で伝えればセキュリティを緩めてくれるので回避が可能です。
念の為、新幹線回数券の購入理由を聞かれた場合は何でも良いので言い訳を用意しておくと良いと思います。例えば「出張」「実家の帰省」「遠距離恋愛」など、架空のストーリーでも良いので頭の中に入れておきましょう。

結論、安心なのは月に1,2回の利用で5万円程度なら怪しまれず購入はできるように思います。

それぞれ、カード会社には月の回数券等の購入限度額が設けられているのでカード会社に限度額を確認することもできるためその際は、事前に回数券を購入する理由を用意しておきましょう。

新幹線の回数券を転売し現金化する方法を解説

まず、高い換金率で転売する方法は、

  • Yahooオークション
  • 金券ショップ(店舗型/ネット型)

の2つの方法となってきます。

それぞれの特徴について解説していきます。

Yahooオークションで換金した場合

Yahooオークションはオークションサイトの中で日本で一番ユーザー数も多く、新幹線回数券の取引を多く行われております。金券ショップと比べて即効性がなく換金するまでに時間がかかるのと出品から郵送するまでが少し手間がかかります。

メリットとして、金券ショップでは有効期限が短い、利用者が少ないという条件で買取不可だったり、買取価格が低い回数券でもYahooオークションでは高い換金率で売却できる場合があります。

金券ショップ

店舗型

買取方法の中では、一番即効性が高く簡単に売却できます。店舗は様々な場所にあるのでネットで最寄りの店舗を調べて事前に相見積もりをすることおすすめ致します。

注意点としては、買取店舗のエリアとかけ離れた区間の回数券だと買取額が低くなったり、場合によっては買取不可のケースもあります。

例えば、東京にある買取店に新大阪→名古屋といった区間だと需要が減る分買取額も低くなります。逆に地方の買取店だと高額で買い取ってくれるのでその場合は、 地方の金券ショップに郵送もしくはネット型を利用するのが良いかと思います。

ネット型

店舗型と比べて、わざわざ足を運ばずに全国どこでも気軽に買取手続きができます。

デメリットをあげると送料、振込手数料の負担や本人確認書類の準備、発送手続きなどの手間がかかるので即効性が低くなります。

店舗型とネット型で買取価格を見て、変わらないようであれば店舗型をおすすめ致します。

まとめ

以上、新幹線回数券の購入方法から転売までについてまとめましたが

現在、2020年3月31日時点ではコロナの影響で新幹線回数券の相場が暴落しております。金券ショップも買取を行ってないところもあるので事前に電話をして買取ってくれるかどうか確認してみると良いと思います。