クレジットカード現金化を業者を使わずに利用する方法を検証

現金化業者を使ってクレジットカード現金化を行えば、

・安定した換金率でクレジットカード現金化ができる
・自分で商品を用意する必要がない
・最短即日でクレジットカード現金化ができる

といったメリットがあります。

現金化業者を利用するリスクとデメリットとは?

クレジットカード決済をする人

一方で現金化業者を利用してクレジットカード現金化を行う場合、デメリットや危険性も多く存在します。

具体的には以下の点について、注意しなければいけません。

①手数料が高い

現金化業者を利用する際には、手数料が発生します。

手数料の相場は20%〜30%となっていますが、この手数料はカードローンなどの金利分と比較すると非常に高額です。

例えば手数料が30%だった場合、10万円分のクレジットカード現金化を行うとすると入金される金額は7万円です。

クレジットカード会社への支払い時には10万円を支払う必要がありますので、3万円も損をしてしまうことになります。

加えて現金化業者の手数料は1ヶ月単位でかかります。

したがってクレジットカード現金化の手数料を月利換算すると、

30%✖︎12ヶ月で、360%という高金利になってしまうのです。

さらに分割払いやリボ払いを利用した場合、さらに手数料は高額になってしまいます。

なおクレジットカード現金化は貸付ではありませんので、高額な手数料であっても違法にはなりません。

現金化業者をご利用の際には、くれぐれも手数料相場に注意しましょう。

②ヤミ金や詐欺業者が存在している

クレジットカード現金化は上述の通り、高額な手数料を要求しても違法になることはありません。

そこに託けて、ヤミ金や詐欺業者がクレジットカード現金化を行なっていることが多々あります。

現金化業者の多くはヤミ金、詐欺業者などの悪徳業者です。

仮に悪徳業者を利用してしまうと、クレジットカードを悪用されたり個人情報を闇金業者に渡ってしまうなどの恐れがあります。

中には無理やり契約するように強要された、高額な手数料を要求されたといった被害も報告されています。

くれぐれもクレジットカード現金化で現金化業者をご利用する際には、業者の安全性に注意する必要があります。

クレジットカード現金化で現金化業者を使わない方法はあるのか?

現金化業者を利用すると上記のようなデメリットや注意点があります。

そのため「可能ならば、現金化業者を使わずに自分自身でクレジットカード現金化を行いたい…」

と考える方は多いでしょう。

実はクレジットカード現金化は現金化業者を使わなくても、自分自身で行うことができます。

続いてクレジットカード現金化の仕組み、そしてどのように自分で現金化を行うのかその方法を詳しく解説していきたいと思います。

現金化業者を使わずに自分でクレジットカード現金化を行う方法とは?

クレジットカードを財布に入れる人

クレジットカード現金化の仕組みは、「クレジットカードで購入した商品を売り、お金を手にする」という単純な方法です。

クレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、転売をすればショッピング枠を現金化することができます。

簡単な流れを順番に並べると、

①クレジットカードで商品を購入する
②購入した商品を転売する
③商品を売ったお金を手にする

となります。

なお現金化業者を使わずに自分自身でクレジットカード現金化を行う場合、重要となるのは転売に使用する商品選びです。

換金率が高い商品を現金化に使用すれば、多くのお金を手にすることができます。

一方で換金率が低い商品をクレジットカード現金化に使用してしまうと、少ないお金しか得ることはできません。

それでは次に、どのような商品をクレジットカード現金化に使用すればいいのか詳しく解説していきましょう。

自分でクレジットカード現金化するのに最適な商品

現金化業者を使わずに自分でクレジットカード現金化をする際に、オススメな商品としては以下のものが挙げられます。

①Amazonギフト券
…iTunesカードやGoogleplayカードなどもオススメですが、特にAmazonギフト券が最も高課金率で転売することができます。クレジットカード現金化から派生した、Amazonギフト券の現金化という手段もあり、オススメの商品です


②JCBギフトカード
…信販系会社が発行するギフトカード全般です。こちらも高換金率でクレジットカード現金化に使用することができます。なお信販系ギフトカードは、当該のカード会社が発行しているクレジットカードでないと購入することができません。(JCBギフトカードの購入はJCBカードのみ)現金化にご利用の際には、この点には注意する必要があります。


③ブランド品
…ハイブランドの商品が特にオススメです。流行の商品、最先端の商品を的確に抑え、クレジットカード現金化に活用しましょう。


④家電製品・ゲーム機類
…電子機器類は価格が高いため、クレジットカード現金化に使用すれば多くのお金を手にすることができます。特にマニア向けなレトロな商品は価格が高騰しやすく、100%以上の換金率で現金化することも期待できます。

⑤新幹線回数券
…新幹線回数券は価格が高い上に、90%以上の換金率で現金化ができる商品です。金券ショップなどで転売することができ、簡単に手に入るというのも魅力でしょう。ただ新幹線回数券が使用できない時期(年末年始やゴールデンウィークなど)もありますので、その点に関しては注意する必要があります。

上記の商品は換金率が高く、世間的にも需要が高い商品です。

商品の内容にもよりますが、80%〜90%程度の換金率で現金化ができます。

自分でクレジットカード現金化を行う際には、ご参考にしてください。

現金化業者を使わないで行うクレジットカード現金化のメリット

続いて自分自身でクレジットカード現金化を行うメリットについて、詳しく解説していきましょう。

①手数料を現金化業者に払う必要がない

現金化業者を使わずに自分でクレジットカード現金化を行えば、業者に手数料を払う必要はありません。

現金化業者に支払う手数料分を浮かせることができ、より多くのお金を手にすることができます。

「余計な手数料を支払いたくない」

「より多くのお金が必要…」

という方は、現金化業者を使わずに自分でクレジットカード現金化をした方がいいでしょう。

②詐欺・ヤミ金の不安がなく、安心

現金化業者を使わなければ、詐欺やヤミ金に騙されるかもしれないという不安がなく、安心してクレジットカード現金化をすることができます。

「現金化業者を利用するのは怖い…」

「安心してクレジットカード現金化を利用したい」

とお考えの方は、現金化業者を使わない方がいいでしょう。

③高換金率でクレジットカード現金化ができる可能性がある

現金化業者を利用する場合、手数料がかかってしまうため100%以上の換金率は実現不可能です。

一方で希少価値が高い商品やマニア垂涎のゲーム機などをクレジットカード現金化に使用すれば、100%以上の換金率を実現することも不可能ではありません。

高換金率で転売ができる商品を手にできた場合には、現金化業者を使わずに自分自身でクレジットカード現金化をするようにしましょう。

自分で行うクレジットカード現金化のデメリット・注意点

現金化業者を使わなければ、上記のようなメリットがある一方で、注意すべきデメリット・危険性も存在します。

続いて解説していきましょう。

①手間と時間がかかる

現金化業者を使わない場合、転売に必要な商品は自分自身で購入する必要があります。

そのため商品を購入し、転売するという手間がかかります。

また転売の方法としては、

「買取専門店に持っていく」

「メルカリやヤフオクに出品する」

などの方法が考えられますが、どれも手間と時間がかかる行為です。

よって現金化業者を利用しない場合は、即日でクレジットカード現金化をすることはできず、さらに手間もかかってしまいます。

お急ぎでお金が必要という方は、ご注意ください。

②換金率が一定ではない

現金化業者を利用する場合、換金率は予め提示されています。

クレジットカード決済を行う金額によって、換金率は一定となっていますので、前もってどのくらいのお金を手にすることができるのかを知ることができます。

しかしながら自分自身でクレジットカード現金化を行う場合、換金率は一定ではありません。

商品の需要・買取金額は日々変化していきますし、メルカリやヤフオクで転売行為を行う場合は、思った通りの金額で買取となるケースは極めて低いと言えます。

そのため自分でクレジットカード現金化を行う場合、

「希望通りの換金率・買取価格になるとは限らない」

という点に注意しましょう。

手数料はかかっても、予め決められた換金率でクレジットカード現金化を行いたい、という方は現金化業者のご利用がオススメです。

③クレジットカード会社にペナルティを課せられる

現金化業者を使わずにクレジットカード現金化をする場合は、Amazonギフト券や新幹線回数券などの高換金率商品を自分で購入する必要があります。

これらの商品は換金率が高いため、クレジットカード現金化に使用されることが多いのですが、反面クレジットカード会社が厳しく購入を見張っている商品でもあります。

クレジットカード会社に現金化行為が見咎められると、

・強制退会
・ポイント・会員ステータスの剥奪
・クレジットカードの利用停止
・ブラックリスト入り
・カード支払い残高の一括返済

といった処分を課せられる可能性があります。

特に信用情報が低い方は、すぐにクレジットカード現金化がバレてしまいますのでご注意ください。

クレジットカード現金化を自分で行う方法はある?知恵袋で調査してみた

ポケットに財布を入れる人

「購入した商品を売る」という方法は、メリットもある一方でデメリット・危険性が高い行為であることがわかりました。

それでは現金化業者を使わずに自分でクレジットカード現金化を行う方法は、他にもあるのでしょうか?

今回はYahoo知恵袋より、多くの方が利用しているクレジットカード現金化の方法を調査して参りました。

①飲み会の会計時にクレジットカード現金化をする

プロフィール画像 sil********さん 2010/6/2217:52:29

新幹線回数券を使ったクレジットカード現金化は危険です。 金額の問題ではなく最悪一発で利用停止くらいます。 どうしても買ったら行き先でのクレジット使用などアリバイが必要です。

2万弱だったら何人かと飲みに行ってワリカンして 纏めてクレジット払いする。が実質換金率100%のうえ換金を疑われません。

Yahoo知恵袋「クレジットカード現金化について」

Yahoo知恵袋では、自分で行うクレジットカード現金化の方法として「飲み会を使った現金化」がお勧めされています。

飲み会を使ったクレジットカード現金化とは、複数人での飲み会時に会費を現金で徴収し、支払いをクレジットカードで行う方法です。

この方法であれば、現金をすぐに手にすることができる上、100%の換金率でクレジットカード現金化が可能です。

何より飲食店でクレジットカード支払いをするだけなので、カード会社に怪しまれることがありません。

安全に、そして高換金率でクレジットカード現金化をすることができます。

②商品返品によるクレジットカード現金化

ahe********さん2011/2/1621:38:54

自分でクレジットカードの現金化を行う方法を教えてください。 1:クレカで商品を買う→オークションに出す。 2:クレカで商品を買う→因縁をつけて返品すし、返金を求める。 他の方法があれば教えてください。

共感した 0

Yahoo知恵袋「自分でクレジットカード現金化を行う方法を教えてください」

この方法も、100%の換金率でクレジットカード現金化ができます。

方法は至って簡単で、クレジットカードで購入した商品をお店に返品することで、支払いをしたお金を返金してもらうというものです。

この方法であれば、100%の換金率でクレジットカード現金化が可能な上、カード会社に怪しまれることなく現金化が可能です。

一方で返金処理に対応しているお店かどうかを事前に調べる必要があるということ、そして返金はカード決済処理を停止することで相殺することもあり、必ずしも現金を受け取れるわけではありません。

③Suicaを使ったクレジットカード現金化

2016/12/522:41:51

クレジットカード現金化で質問です。

スイカにクレジットカードでチャージして、Suicaで購入した商品を転売するとこれはクレジットカード現金化になるのでしょうか?

これならクレジットカード会社にバレる心配もないですよね?

共感した 0 閲覧数:196 回答数:1 お礼:50枚

Yahoo知恵袋「クレジットカード現金化の質問です」

最後にご紹介する方法は、Suicaなどの電子マネーを使ったクレジットカード現金化の方法です。

モバイルSuicaはクレジットカードからチャージすることができます。

チャージしたSuicaを使って、商品を購入し転売をすればSuicaを現金化することができます。

この方法であれば、クレジットカードは間接的にしか使用しないためクレジットカード会社にバレる心配はありません。

したがって安心して、クレジットカード現金化を行うことができます。

またSuica以外にも、nanacoやEdyなど他の電子マネーでも応用が可能です。

まとめ

クレジットカードとコイン

クレジットカード現金化の仕組みは非常に単純ですので、現金化業者を使わなくとも自分自身で現金化をすることは可能です。

特に自分でクレジットカード現金化を行えば、現金化業者に騙される心配はありませんし、手数料を支払う必要もありません。

なお自分でクレジットカード現金化をする際には、換金率が高い商品選びが重要です。

Amazonギフト券や新幹線回数券、今流行の商品などをリサーチしクレジットカード現金化に活用しましょう。

ただ自分でクレジットカード現金化をすることには、

・手間と時間がかかる
・換金率が一定ではない
・クレジットカード会社に現金化がバレやすい

といったデメリットも存在します。

くれぐれも、クレジットカード現金化を自分で行う際には留意する必要があります。

お得に「手数料はかかっても、確実に80%前後の換金率でクレジットカード現金化をしたい」「今日中にお金が必要」とお考えの方は、現金化業者のご利用をオススメします。

現金化業者を使うか、自分でクレジットカード現金化をするかは、ご自身の経済状況と資金ニーズに照らし合わせて選択をするようにしましょう。